▼ 推薦図書 このウインドウを閉じる
   「ゲーデル と 20世紀の論理学 (全四巻)」田中一之 編、東京大学出版会

 


「ゲーデル の不完全性定理」を学ぶ書物として上記の著作をお薦めします。

本書は、以下の四部構成(四分冊)です。

 (1ゲーデル の 20世紀(2006年 7月出版)
 (2完全性定理と モデル理論(2006年10月出版)
 (3不完全性定理と算術の体系(2007年 3月出版)
 (4集合論と プラトニズム

私は(4)をまだ読んでいません(購入していません)──2007年時点では出版されていなかったので。

ウィトゲンシュタイン と ゲーデル は 20世紀の「哲学」に対して多大な影響を与えましたが、この二人の天才は、或る意味では、「平行線」でした。私は ウィトゲンシュタイン の全集(翻訳、大修館書店刊)を読み込んできましたが、「モデル」作りを仕事にしているので、ゲーデル の「完全性定理・不完全性定理」も学習してきました。

ゲーデル の全集が出版されているようですが、ゲーデル を研究している人でないのなら、全集を読むために時間を割けないのでしょうから、かれの全集を読めない人にとって、彼の哲学・技術を学習するために本書が役立つでしょう。

「推薦図書」として「数の体系と超準モデル」(田中一之)も記載しています。「数の体系と超準モデル」と本書を併読すれば、「モデル」の学習で益するところ大です。

 


  このウインドウを閉じる