▼ データ 設計者 (DA) の段位表 way out >>
段外


  データ 正規化の後で ER図を作成することに対して疑問を感じない。
  従業員の データ のなかに、部門 コード が定義されていても疑問に感じない。
  entity を 「実体」 (あるいは、「管理対象」) として定義されても疑問に感じない。
  「データ の一意性」 を保証するために、複合 キー を使って データ 設計をする。
  コード 体系に実存しない コード を使う。

 

初段


  「event」 系の対照表と 「validation-rule」 系の対照表の違いがわからない。
  1つの entity のなかに 「区分 コード」 が 2つ以上あっても サブセット を生成しない。
  「有意義な resource」 を名称 ファイル として扱っている (対照表が少ない)。
  アトリビュート の null値に対して無関心である。

 

2段


  サブセット 間の 「AND」 関係に対して無関心である。
  サブセット と 「みなし entity」 の違いがわからない。
  「有意義な」 みなし entity を生成することができない。
  ER図を読んで ビジネス を逆解析できない。
  DOA (Data-Oriented Analysis) が、なぜ、主流になれないのか、という点がわからない。
  独立開業できる実力がある。ただし、コンサルタント としての仕事は、まだ、できない。
  T字形 ER手法を他の人に対して、まだ、教えることができない (教えたら害になる)。

 

3段


 しばらく、ER図を作図しないと、2段に逆戻りするか、
 それとも、しばらく、ER図を作図しなくても、技量が低下しないで、4段に昇段できるか、
 という極めて揺れている状態にある。

  T字形 ER手法を他の人に対して、的確に教えることができる。

 

4段


  「有意義な」 概念的 スーパーセット (クラス) を生成できる。
  ER図を読んで ビジネス を逆解析して、問題点を認知でき、改善案を提言できる。
  改善案として、1つの事象に対して 3つ以上の代替案を提示できる。
  独立不羈の コンサルタント として仕事ができる。

 




[ 注意 ]
 以上の段位表は、拙著 「T字形ER データベース 設計技法」 のなかに記載した段位表を修正してあるので、拙著の段位表とは相違する。


  way out >>