2005年 4月16日 基準編-2 「T字形 ER手法」 の体系 >> 目次にもどる
2010年 3月16日 補遺  

 

 基準編-2 のなかで記述されている 「当時の体系」 と、(「論考」 を 2000年に出版して、再編成された) 「今の体系」 は、違っている。T字形 ER手法の技術そのものは、当時も今も、(基準編-2 を読む限りでは、) 変わっていない。

 「黒本」 では、対照表と対応表が、「5つの技法」 のなかで扱われているが、整合的ではない。対照表および対応表は、生成規則のなかで導出される概念であって、単独の技術ではない。したがって、対照表および対応表を、「5つの技法」 のなかで扱うのは、間違いである。

 また、「拡張技法」 として、「みなし」 entity と 「turbo-file」 の 2つを記述しているが、(たしかに、2つとも、技法ではあるが、) 「みなし」 entity は、意味論的観点に立って、entity を再認知する──新たに (改めて)、認知する──ので、意味論的には、認知番号 (identifier) に対して、同列として扱わなければならない──「みなし」 entity は、拡張技法でもなければ、例外的措置でもない。意味論 (指示関係) は、構文論 (生成規則) に対して、拡張技法でもなければ、例外的措置でもない。

 T字形 ER手法は、いま、以下の体系として整えてある。

 (1) データ の認知 (entity を認知するための規準として、認知番号を使う。)
 (2) データ の類別 (entity を、関係の対称性・非対称性に従って、「resource」 と 「event」 の 2つに分類する。)
 (3) データ の関係 (「resource」 と 「event」 を前提にして、「関係」 を作る [ 4つの ] 導出規則を提示する。)
 (4) データ の周延 (entity が周延しているかどうか、という点を検証する。)
 (5) データ の多義 (指示関係の多義を排除する。)
 (6) 「みなし」 概念 (指示関係の観点に立って、認知番号を付与されていない entity を認知する。)

 (1) から (5) までは、意味論的前提 (認知番号を付与された個体 [ entity ]、「event」 と 「resource」) に立った構文論 (関係の生成規則、周延、多義の排除) を論点にしているので、「TM の体系」と云う。
 「TM の体系」 では、指示関係を確実に検証できるように、認知番号として、コード 体系を使っているが、認知番号が付与されていない 「個体」 も、当然、存在する。そのために、(事業の管理過程では、コード を付与されていないけれど、) entity として認知できる 「個体」 を、(「内包 (性質)」 を前提にして、) 認知する技法が、「みなし」 entity である。
 さらに、いくつかの entity を メンバー にして、クラス を作ることもできる。クラス 概念のことを、T字形 ER手法では、「みなし スーパーセット (概念的 スーパーセット)」 と云う。「みなし」 entity と 「概念的 スーパーセット」 が、「みなし」 概念として、T字形 ER手法のなかに導入されている。

 「みなし」 概念は、コード 体系が記述していない対象を、「内包 (性質)」 を前提にして、改めて認知して、外延を作るので、「TM の体系」 に比べて、指示関係が、いっそう、強く適用されていて──事実的な 「F-真」 と、導出的な 「L-真」 が、いっそう、強く適用されていて──、「TM の体系」 と切り離している。「TM の体系」 に対して、(6) の 「みなし」 概念を加味した系を、「TM’ の体系」 と云う。つまり、(1) から (6) までの体系を、「TM’ の体系」 と云う。したがって、T字形 ER手法というふうに、ふだん、云われているのは、「TM’ の体系」 である。ただ、「みなし」 entity と クラス 概念を的確に使うためには、そうとうな力量がいるし、それらを下手に使えば、恣意性が混入するので、T字形 ER手法は、「TM の体系」 として使うことも多い。

 T字形 ER手法を、(「黒本」 のなかに記述してあるような) 「5つの技法と 4つの ルール」 というふうに説明することは、いまとなっては、もう、間違いである。もし、そういう言いかたをしている人たちがいれば、訂正していただきたい。
 ちなみに、「論考」 では──「論考」 は、構文論の検討をしたので──、T字形 ER手法を、「コード 体系の文法解析」 技法として、定義・公理・推論という公理系を提示しているが、意味論的な考慮がされていない。

 
 なお、基準編-2 のなかで、以下の文は、誤解を招きそうな文である (苦笑)。

   「T字形 ER手法」は、「ビジネス 解析手法」である。 「データ 設計技法」ではない。

 それを正確に記述するなら、「T字形 ER手法は、(コード 体系を前提にして、) データ 正規形を作って、データ 正規形を基礎資料にして、事業の管理過程を逆解析する技法である」 としたほうが良い。基礎資料という意味は、ほかの資料として、アトリビュート・リスト や 「リレーションシップ の検証表」 などがあるから。 □

 



[ 補遺 ] (2010年 3月16日)

 T字形 ER手法を改良した モデル が TM (および TM’) です。TM (および TM’) という言いかたを はじめて公にした拙著が 「赤本 (データベース 設計論)」 (2005年出版) です。「赤本」 の前に 「論考 (論理 データベース 論考)」 を出版していましたが (2000年出版)、「論考」 は、以下の 2点を検討した著作であって、「意味論」 を いまだ詳細に検討していなかった。

  (1) 構文論の観点で、数学基礎論の技術を確認する。
  (2) 意味論の前提を移す──「意味の対応説」 から 「意味の使用説」 に移す。

 「意味の対応説」 および 「意味の使用説」 については、本 ホームページ の他の ページ で詳細に記述していますので、それらを参考にしていただき、ここでは割愛します。
 したがって、「論考」 では、T字形 ER手法の体系を変更するまでに至っていなかった。

 「赤本」 は、「論考」 で検討できなかった 「意味論」 を検討した著作です。「赤本」 において 「真」 という概念を導入しました。そして、T字形 ER手法の体系を見直しました。見直した体系が本 エッセー で記述した体系です。T字形 ER手法の体系を見直した [ 改訂した ] ので、モデル の名称をT字形 ER手法から TM (および TM’) へ変更しました。

 ちなみに、TM という言いかたについて、「『T字形 メソッド』 の略称ですか」 と問われることが多いのですが、T字形とは全然関係のない言いかたです。というのは、「チューリング・マシーン」──数学基礎論では、TM と略称されることが多い──を捩 (もじ) って付けたので。データ を構成するときに、「チューリング・マシーン」 のように、関数的な文法を使うことができることを示すために、「チューリング・マシーン」 を捩った次第です。

 「赤本」 で提示した体系は、その後も検討を続けて、現時点では、以下のように変更されています──体系そのものは変わっていないのですが、それぞれの技術 (文法) を明確にするために変更しました。

  (1) 個体の認知 (個体指定子)
  (2) 並び (全順序と半順序 [ event と resource ])
  (3) 関係文法
  (4) 切断 (集合と部分集合 [ セット と サブセット ])
  (5) 多値 (多価関数、OR 関係と AND 関係)

 以上が TM の体系です。
 その体系に 「みなし」 概念を追加した体系が TM’ です。「みなし」 概念として以下の 2つが用意されています。

  (1) みなし entity
  (2) みなし スーパーセット (概念的 スーパーセット)

 「みなし」 概念は、クラス 概念と同値であると考えていただいていい。ただし、「概念的 スーパーセット」 は、「概念的」 という言いかたをしているように、T之字の右側 (すなわち、「性質」) を記述しないという点で、数学的な クラス 概念を そのまま適用している訳ではない点に注意してください。TM’ は、現時点では、第一階の述語のみを対象にしています──言い換えれば、「実 データ と その集合」 のみを対象にしています。

 ちなみに、数学 (あるいは ロジック) では、構文論の体系を 「緩やかに (弱く)」 適用する場合に、その体系に対して 「’」 (プライム あるいは ダッシュ と発音します) を付与するのが普通なので──たとえば、ML に対して ML’ とか──、その慣例に従って、構文論的な TM に対して、意味論を強く適用した体系を TM’ とした次第です。

 TM (および TM’) の中核になっている概念・技術は、以下のように まとめてもいいでしょう。

 { 個体指定子、関数 (全順序と半順序)、切断、多値、L-真と F-真 }.





  << もどる HOME すすむ >>
  「T字形ER データベース設計技法」を読む