2006年 4月 1日 応用編-5 再帰 (recursive) >> 目次に もどる
2011年 3月 1日 補遺  


 本節では、再帰の例として、以下を記述している。

  (1) resource 系 (部品構成表)
  (2) event 系 (受注伝票の赤黒方式)

 以上のほかにも、再帰の例として、「工順 (routing、工程の順序)」 などを言及して、適用範囲が広いことを述べている。

 また、再帰は、概念 スキーマ では、たとえば、(部品番号 (R)、部品番号 (R)) のように、entity を 「指示する」 同一の名称を使うが、実装形では、(1つの テーフ゛ル のなかで、2つの columns が同一名称を使うことは文法違反になるので、) それぞれ、(親部品番号、子部品番号) のように名称を変えなければならないことを注意している。

 再帰の技術に関しては、本節で述べている中味で充分であろう。
 再帰は、数学的には、1つの セット のなかで、メンハ゛ー のあいだに成立する 「並び」 を記述する ク゛ラフ の技術である。すなわち、「A 上の関係」 を G とすれば、G (u, v)。

 再帰で間違いやすい点は、「指示」 と 「関係」 をごっちゃにしてしまう点にある。(部品番号 (R)、部品番号 (R)) という記述に対して、「(親部品番号、子部品番号) が正しい。(部品番号 (R)、部品番号 (R)) は間違いである」 と、かつて、言った人がいたが、数学の ク゛ラフ を知らないのかもしれない。「親子」 は 「関係」 に付与された名称であって、個体を 「指示」 する名称ではない。そして、(部品番号 (R)、部品番号 (R)) の並びが 「親子関係」 を示している。 □

 



[ 補遺 ] (2011年 3月 1日)

 取り立てて補足説明はいらないでしょう。







  << もどる HOME すすむ >>
  「T字形ER データベース設計技法」を読む